読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの娘は育てにくい

癇の強い子=いわゆる“育てにくい子”の育児日記

春の憂鬱

それは転勤の辞令。 別れだ新しい出会いだと、否応なしにそわそわさせられること。 梅が咲いた、桜が咲いたと風情なくお祭り騒ぎするのも白けてしまう。目下、一番の憂鬱は現代の風物詩の如く流れる保育園のニュースだ。 保育園に落ちた人を今の日本の母親代…

冬来りなば春遠からじ

先日、イヤイヤ期とは思えないほどの良い子っぷりで1歳半健診を終えた娘。その頑張りと成長に母ちゃんは思わず泣きそうになったけど、家では相変わらずキーキーよく泣く子猿ちゃん。とはいえ、家の外と中でキャラが変わるようになったとは。ずいぶん人間らし…

転勤族、最後の引っ越し

夫の父は転勤族だった。夫の母は父親と離れて暮らすことがかわいそうだからと単身赴任を選ばなかったので、夫は小学校を3回変わった。でも、子の心親知らず。 「転校なんていいことないよ。地元もないし、幼馴染もいないし」 夫はそう言う。今はドライな夫も…

合縁奇縁

さて、晴れてモンママの呪縛から解放されたとはいえ、私は若干人付き合いに嫌気が差していた。かといって、家に母娘2人こもるのも気詰まり。丁度ファーストシューズを買ったばかりだったので、とりあえず靴に慣らすためにアパートの敷地で外遊びをすることに…

人のふり見て我がふり直す

菅野美穂のドラマ「砂の塔」。ドラマだから誇張されているとはいえ、強烈なママ友のキャラといびりにイラついたり、ビビったりしながらもついつい観てしまう。単純に菅野美穂が好きなのと、ああいうママ友やモンスターペアレントは所詮、フィクションだと思…

思い出という抜け殻

先日娘がめでたく1歳の誕生日を迎えた。 誕生日前から育児日記を読み返してはうるうる。生まれてからの写真を見返してはうるうる。誕生日前日に参加した支援センターの誕生日会で、ハッピーバースデーのフルート演奏を聴いていたら、とうとう感情の昂りがフ…

思いもよらぬ反響

23日の記事でこれまでにない沢山のアクセスと反響がありましたこと、お礼申し上げます。ここまでとっつきにくい内容にも関わらず読んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。沢山のスターやコメントに読者登録、とても嬉しく、また励みになり…

喃語で空耳アワー

娘はキーキー、キャーキャー以外にも1日中何かしら喋っている。ひとり遊びしながらずっと喋っている。「バッパ!バッパ!」「まんまんまんまん」「あうあ〜あうあ〜」という喃語をひたすら繰り返すこともあれば、「※△$○×¥?…&〆%◻︎!」などと宇宙語で誰か…

お姉さんの卒業式

朝、おかあさんといっしょのたくみお姉さんが卒業の挨拶をしていた。子どもにショックを与えないように明るく笑顔でお別れを伝え、新しいお姉さんの紹介もしていた。送り出すお兄さんたちも2人のお姉さんたちとはみんな友だちなんだよとしっかりフォロー。さ…

おかあさんもいっしょ

最近になって娘は家族以外の人の顔を判別できるようになって記憶力もついてきて、お気に入りの人や物、歌ができた。特におかあさんといっしょのたくみお姉さん。お姉さんが映ると身を乗り出して大興奮。家族以外の人があやしてもほとんど笑わない人見知りの…

3月11日

東日本大震災から5年。あの日、私は被害の大きかった地域からは離れた場所に住んでいて、いつもより随分長く大きな地震に何とも言えない不安を感じながら速報を見ようとテレビをつけた。震源地は東北。とてつもない規模の地震。そして津波。その様子を伝える…