うちの娘は育てにくい

癇の強い子=いわゆる“育てにくい子”の育児日記

喃語で空耳アワー

娘はキーキー、キャーキャー以外にも1日中何かしら喋っている。ひとり遊びしながらずっと喋っている。

「バッパ!バッパ!」
「まんまんまんまん」
「あうあ〜あうあ〜」

という喃語をひたすら繰り返すこともあれば、

「※△$○×¥?…&〆%◻︎!」

などと宇宙語で誰かと会話しているような時もある。そんな娘の言葉がたまにミラクルを起こす。

「あんまんま!あんまんま!」

と言う娘の手にはアンパンマンのボールが握られていた。つかまり立ちする時には、

「んちょ!んちょ!」

と掛け声で気合いを入れ、ご飯の支度をしていると、

「まだー!まだー!」

と催促する。

「うちの子喋れる!」

と思った。だってテロップあれば10人中8人はそう聞こえるレベル。

うかれたっていいじゃないか
おやばかだもの

それはつまりテロップがなければ所詮宇宙語。空耳ア〜ワ〜♪
というか同じシチュエーションで同じ発語がない時点でただの偶然。でも一生懸命喋る練習をしているのは確か。これがあと3年くらいしたらある程度会話できるようになるんだから、子どもの脳の成長と耳の良さはすごい!